癒しの空間をデザインする

Floral Design Paletteは・・

 

1994山梨県甲府市にある自宅にて『~癒しの空間をデザインするフローラルデザイン・パレット』として『お花の教室』スタートいたしました。

 

お花の教室』をより自分らしいものにしようと日本の伝統文化を学ぶために、2006年11月~2009年10月の間、京都に居を移しました。

 

その間、京都の大学で公開している日本の伝統文化を学ぶ講座や絵本づくりの講座や茶道や華道などの講座を受講しながら、保育士として働くなかで保育に目覚め『ありのままに生きる』ことに大きな関心をもつようになりました。

 

乳児たちの姿をみていて気づいたのは、日々、自らの力で成長しようとしていることや人を思いやる気持ちがもうすでに芽生えていて、人は生まれたときから、人と共に生き『自立』に向かって成長しているのだということでした。

 

この『自立の芽』をすくすく育てるためには、乳幼児期に基本的欲求=食べる・寝る・排泄する』を気持ちよく満たしてもらい『ありのままの姿』を受けいれてもらうことがとてもたいせつになります。

 

こうして『からだ』の『欲求』と『こころ』の『要望』が『無条件・無償の愛』で満たされると『本能』は、自然とつながり『自我』が大地に根づき、自分らしく『生きる力』の基ができるからです。

 

また、わたし自身の魂がむきだしになり『暗闇』をくぐりぬけた体験から、ありのままに『自分らしく生きる』ためには、自然とつながり『本能』と『直感』を信頼した自然な生き方』をすることで、自然のルール』にしたがった『神聖なる野生』を『生きる力』することがたいせつであるこにも気づきました。

 

自分の花を咲かせて生きる
自分の花を咲かせて生きる

 

どの花も自然があたえてくれる『恵み=無条件・無償の神様の愛』をありがたくいただくだけで、その花のもっている『種』の『素晴らしさ』と『強さ』を信じていれば、花を咲かせることができます。

 

この『神聖なる野生』を『生きる力』として、それぞれの『種』がもっている『個性』や『才能』を輝かせれば、それがそのまま花の美しさとなって輝きます。

 

フローラルデザイン・パレットでは・・

 

『自分の花を咲かせて生きる』ことを色・フラワーデザイン・感性花育・ムート&フレンズの4つのワークをとおして、みなさんと共に感じ・考え・行動していきたいと思います。


わたしのフラワーデザインについて

 

どんなに小さくても色や香りをもちそなえ、自然が創りだした完璧な美を姿にしている花は人のこころを癒します。

 

そんな花からのメッセージを感じとり、それぞれの花がもつ『本質』の美をさぐりながら、キラキラ光る透明感や自然の風景のありようを描くようにデザインして、人の『こころ』と『からだ』を和ませるものを表現できたら幸いに思います。

 

また、庭の花やスーパーやホームセンターなどで売られている身近にある花を使い、器も家にある食器・瓶・空き缶・籠などを利用することで、身近にあるものでお花をデザインする楽しさやよろこびを感じてもらえるようなものも表現していきたいと思っています。

 

生き物である花の朽ちる姿まで愛おしく感じながら、最初にデザインしたお花がどんなふうに変化していくかも伝えていきたいと思っています。

 

 

『こころ』のままに自分の『感性』を解き放ちデザインしたお花をブログでアップしています。どうぞ、ご覧ください・・。

 

ブログで紹介しているわたしのフラワーデザインは、吸水性スポンジはほとんど使っていません。ときおり、ワイヤーや剣山や吸水性スポンジを使うこともありますが、ことわりがない場合は、器に挿しいれているだけです。

 

また、自然がもっているもともとの『造形の美』をたいせつにするために、できるだけハサミをいれずにフラワーデザインしています。


私が大切にしている言葉があります。

 

それは・・

自然のなかでの経験を通して精神的に深められた者だけが、目に見えない力を秘めた花から神秘にみちた治癒力という素晴らしい影響を感じ取ることができる Franz Kolbrandより 

 

Franz Kolbrandは、1926年に始まったドイツの花芸術における高等専門教育に大きな影響を与えた教師の一人であり、花や植物は生きたものとみなされ、植物を用いた造形の出発点となるべき『自然を観察すること』を説いています。


 

手塚 みどり

 

労働省国家検定フラワー装飾

1級 技能士


東商カラーコディネイター
2級 取得

 

保育士証 取得

幼稚園教諭2級普通免許 取得