· 

2018年 簡単にできる『母の日のフラワーアレンジメント』

 

こんなに素敵なカーネーションなのに2束で210円とは、ありがたいかぎりです・・ホームセンターに感謝・感謝・感謝です💛。

 

 

二束で210円のカーネーション
二束で210円のカーネーション

 

たまたま、バラの苗を見にホームセンターに行ったところ、母の日ということで入口近くにカーネーションや紫陽花の鉢がたくさん陳列されていました。そんなお花たちをウロウロ眺めていると可愛らしいカーネーションの束を発見しました!!。

 

早速、一束、購入しようとレジに持っていくと・・なんと105円でした。束には298円とありましたが、束が入っていたバケツには確かに、98円の値札がついていました。お~~~なんと、ラッキーなことでしょう💛。

 

ならばということで、もう一束、購入して210円で素敵なカーネーションを2束ゲットすることができました。

 

こんなにお安くしかも、どのカーネーションもすごく素敵だったので、きっとお母さんに素敵なお花を贈りたい子どもたちのために用意してくれたのかもしれない・・「お~~、なんて素敵な計らいをするお店なのだろう!!」と、かってに想像してしまいました。

 

ならば『子どもたちにも簡単にできる母の日アレンジメントをつくってみよう!!』と思いたちいくつか制作してみました。

 

濃いピンクと淡いピンクのスプレーカーネーション
濃いピンクと淡いピンクのスプレーカーネーション

 

一つの束にステム(茎)が長いスプレーカーネーションが3本、クルクルしたピンクと赤のバンブー(竹)が5本入っています。ステム(茎)が長いスプレーカーネーションは、色んなアレンジメントに応用がききますので、とってもラッキーです☆彡。

 


1本のスプレーカーネーションでアレンジメントに挑戦!!
1本のスプレーカーネーションでアレンジメントに挑戦!!

 

 

まずは、一番、簡単にできる『母の日アレンジメント』を紹介します。

 

フラワーデザインの基本は、自然のお花の姿が基になっています。そんなことから、1本のカーネーションをそのままの姿でできるフラワーアレンジメントにしてみました。

 

自然の姿は、もうそのままで神様がお創りになられた『完璧な美』を表現しているため、花を表現する『フラワーデザイン』も『華道』も自然を観察することをたいせつにしています。

 

 

ペットボトル・小石・アルミホイル・新聞・おしゃれなビニール袋
ペットボトル・小石・アルミホイル・新聞・おしゃれなビニール袋

 

用意するものは、ペットボトルの上の部分をカットしたもの(高さ約11㎝)、庭先で拾ってきた小石(ある程度の重さがあるもの)、約25cm四方のアルミホイル、新聞紙1/4のサイズ、ペットボトルを包むお好みの模様のビニール袋です。

 

ペットボトルは、最初の切り口だけナイフをいれれば、あとはハサミで切ることができます。危ないところだけ、おとなに手助けしてもらってください。

 

 

①から④の手順で器を作ります
①から④の手順で器を作ります
  1.  重石になる小石と新聞紙とアルミホイルを重ねておきます。
  2. 新聞紙で小石をくるんだら、さらにアルミホイルでくるみ、ペットボトルにピッタリはまるぐらいの大きさのボールにします。
  3. お好みの模様のビニール袋にペットボトルをいれ、底をセロハンテープでとめます。
  4. ペットボトルの上部はビニール袋をいれこみ、ここもセロハンテープでとめます。アルミホイルのボールをペットボトルにいれ器が完成となります。 

*アルミホイルのボールをいれることで、花の重さでペットボトルが倒れることもなく、花どめの役割も果たしてくれます。

 

1本のカーネーションと3本のクルクルバンブー
1本のカーネーションと3本のクルクルバンブー

 

1本のカーネーションは、そのまままっすぐ立つように挿しいれます。花の向きがいい感じになるところを正面にします。

 

あとは、赤とピンクのクルクルバンブーで空間にアクセントを添えるように、まっすぐ立つように挿しいれます。

 

ハートのメッセージカードを添えて完成!!
ハートのメッセージカードを添えて完成!!

 

ハートのメッセージカードは、少し厚手の色紙をカットして作ります。ついでに、ペットボトルをさらにラブリーにするために小さなハートもカットしてペットボトルに貼りつけます。

 

あとは、おかあさんに伝えたいメッセージを書き込んだハートのカードをボンドかのりでバンブーにはりつけて完成です。

 

斜め上から見るとこんな感じ!!
斜め上から見るとこんな感じ!!

 

1本のカーネーションなのに、これで立派なフラワーアレンジメントになりました🌸。

 


 

ここ数日の暑さのせいか、5日目にして上記のカーネーションの元気がなくなってきたので短く切り戻し、お花を元気にしながら自由に花あしらいを楽しみました🌸。

 

注:上記のカーネーションと色が違って見えますが・・カメラの光加減による差異で同じカーネーションです。

 

 

楽しんでいろんな風にしてみる!!
楽しんでいろんな風にしてみる!!
切り戻して、元気アップ↑
切り戻して、元気アップ↑


 

今度は、小さな子どもが、お花畑で摘んだ花で花束をつくったようなアレンジメントを紹介します。

 

濃いピンクと淡いピンクのスプレーカーネーションを1本づつ
濃いピンクと淡いピンクのスプレーカーネーションを1本づつ

 

 

 ↓写真のように濃いピンクのカーネーションの先端の3輪だけ残し、あとは、すべての茎をはらい1輪づつにしておきます。

 

濃いピンクのカーネーションの先端だけ残し・・
濃いピンクのカーネーションの先端だけ残し・・

 

 

この3輪のカーネーションを手に持ち、中心にくるようにして、濃いピンクのカーネーション3輪・淡いピンクのカーネーション3輪を添えて花束にします。

 

先端の3輪のまわりに花を添えて・・
先端の3輪のまわりに花を添えて・・

 

カーネーションの花の下のみどりの部分(がく)が見えないようにすることだけ気をつけ、あとは、あたまであれこれ考えずに手にした花をどんどん添えていくと可愛らしい花束に仕上がります。

 

ラフィアという食物繊維のひもで束ねて完成です。

 

もし、ラフィアがなければ、輪ゴムやビニールのひもで束ねてもOK!!です。

 

 

小さな花束をラフィアで束ねます
小さな花束をラフィアで束ねます

 

↓ゼリーのカップをお好みの模様のビニール袋でつつみ(上記のペットボトルと同様にして)器にします。

 

ゼリーのカップとお好みの模様のビニール袋を用意します
ゼリーのカップとお好みの模様のビニール袋を用意します
クルクルバンブーをカットして・・
クルクルバンブーをカットして・・

 

赤とピンクのクルクルした部分をカットして、小さな花束にふんわりのせます。ここに黄色の水玉(小さな〇にカットした紙)をボンドか、のりでところどころ貼りつけます。

 

残りのバンブーにハートのメッセージカードをボンドかのりで貼りつけて完成です。

 

クルクルバンブーでおしゃれにして・・
クルクルバンブーでおしゃれにして・・
ズームするとこんな感じです
ズームするとこんな感じです

 

こころがウキウキするようなちょっとポップなフラワーアレンジメントに仕上がりました🌸。

 


濃いピンク5輪&淡いピンク6輪
濃いピンク5輪&淡いピンク6輪

 

あと3本、カーネーションが残っています。

 

お花が大きなカーネーションは、仏様にお供えする花にして・・

 

↑残りの2本をこうして並べて見ていると、濃いピンクのカーネーションの先端の花がとてもきれいだったので、これをセンターにした小さな花束にすることにしました。 

 

お花の検定試験を思い出します
お花の検定試験を思い出します

 

一番大きくてきれいな花をセンターにしていると・・・「あらっ?これって、3級の検定試験のラウンドコサージュと似てない??」とつぶやきながら、まわりに淡いピンクのカーネーションを配置して、さらにそのまわりに濃いピンクのカーネーションを配置したていたら、小さなラウンドコサージュになりました。

 

ゼリーのカップの花器に小さな花束をいれて・・
ゼリーのカップの花器に小さな花束をいれて・・

 

ゼリーのカップの花器に早速、小さな花束をいれて・・手の温度で温めてしまったお花をホッとさせました!!。

 

真上から見ると、〇になっています
真上から見ると、〇になっています

 

こちらが、ラウンドコサージやブーケの基本のスタイルになります。

 

 

ハートのメッセージカードを添えて・・
ハートのメッセージカードを添えて・・

 

2本のバンブーに赤いひもをつけてハートのメッセージカードを貼りつけました。

 

こちらは、小学生の高学年以上でないと上手にできないかもしれませんが、メカニクスがわかれば何度か練習するうちにできるようになると思います🌸。

 


 

実は母は他界しているので、このお花がわたしから母へのお花となります。

 

小さい花束のところで余っていた濃いピンクのカーネーションをフォーカルポイントにしました。こうすることで、アレンジにアクセントがつきデザインがひきしまります🌸。

 

仏様にお供えしたカーネーション
仏様にお供えしたカーネーション

 

最後に残った一輪のお花と一つのつぼみで、『母の日のお花』をしめくくります🌸。

 

 

最後に残ったお花で小さな花あしらい
最後に残ったお花で小さな花あしらい

 

早速、玄関に飾りました。

 

こころをこめてデザインしたお花をお母さんにプレゼントしたら、きっと素敵な笑顔になるでしょう🌸。

 

 

『母の日のフラワーアレンジメント』せいぞろい・・
『母の日のフラワーアレンジメント』せいぞろい・・

 

上記2つの花束は、ここのところ暑かったせいか1週間後に元気がなくなってきたので、このように一つにまとめました。

 

 

2つの花束をまとめて一つに・・
2つの花束をまとめて一つに・・
斜め上からのショット&真横からのショットです
斜め上からのショット&真横からのショットです

 

12cm×10cmのなかに15輪のカーネーションが収まっています。

 


小さな『母の日のフラワーアレンジメント』たち・・
小さな『母の日のフラワーアレンジメント』たち・・

 

これで、あとしばらくはカーネーショを楽しむことができそうです。小さくなっても『母の日のフラワーアレンジメント』です🌸。