· 

2018年 スーパーのお花の束でアレンジ!! パートⅡ

 

 

今回つかったお花は、マム1本で212円(税込み)でした。

  

スーパーで購入したマム・・1本
スーパーで購入したマム・・1本

 

 

 

まずは、1本のマムをAとBの2つのパーツに分けます。

 

AとBの2つのパーツに分けます
AとBの2つのパーツに分けます

Aのマムと白山吹の葉っぱ
Aのマムと白山吹の葉っぱ

 

 

まずは、Aのパーツをアレンジしてみましょう・・

 

マムの直径は、約8~9cmあります。マムとはいえ大きなお花なので玄関に飾っても見劣りしません。

 

最初に、我が家の白山吹の新芽をそえてみました。

このままでもスッキリしていて素敵ですが・・

 

このあと少しづつパーツをたしていきます。

 

 

次にBのパーツをCとDのパーツに分けます。

 

上記のBをさらに分割してCとDに分ける
上記のBをさらに分割してCとDに分ける

Cのマム3輪を奥にたすとこんな感じになります。

 

奥行きができました!!
奥行きができました!!

 

 

さらに、マムの葉っぱを2枚たして完成です。

 

これが全パーツです
これが全パーツです

 

こんなふうにパーツをたしていくと完成に近づきます。ただし、たし過ぎにご注意ください!!

 

むしろ、控えめにいれることですっきりしたデザインになります。

最後にマムの葉をそえて完成!! サイズ(横34cm・高さ23cm)
最後にマムの葉をそえて完成!! サイズ(横34cm・高さ23cm)


 

 

上記のDのパーツでアレンジしてみました。

 

Dの枝をはらって・・
Dの枝をはらって・・

 

できるだけ、花をカットせず自然なままの姿を残して挿すことで、ナチュラルな雰囲気になります。

はらった枝の2本を手前と左わきに・・
はらった枝の2本を手前と左わきに・・

 

 

我が家の斑入りのドクダミの葉っぱをたしてみました。

 

斑入りのドクダミをたして・・
斑入りのドクダミをたして・・

 

ドクダミの葉っぱの動きとほんの少しの赤がはいることで、元気がもらえるデザインになります。

 

さらに、茎を少し短くしてガラスの器に挿すと、よりアクティブで涼やかになりました。

 

同じ花材で、雰囲気を変えたアレンジに・・
同じ花材で、雰囲気を変えたアレンジに・・

 

 

ドクダミの代わりに白山吹の葉っぱにすると・・

 

ドクダミを白山吹の葉っぱに変えて・・
ドクダミを白山吹の葉っぱに変えて・・

 

 

白山吹となじむように少しだけマムを短くして段差を小さくすることで、アレンジ感のあるデザインにすることができます。

 

また、器を磁器にすることでモダンな雰囲気にもなりました。

 

同じマムでも、葉物を変えたり、器を変えたり、花の段差を変えることでナチュラル感からよりアレンジ感のあるデザインを楽しむことができます。

 

 

 

 


 

 

Dのパーツをさらにカットして、2つのパラレル風アレンジにしました。

 

Dのパーツをさらに分けて・・
Dのパーツをさらに分けて・・

 

 

 

同じ花材・同じ器でも、少しだけ挿し方を変えるとこんな感じになります

 

おおらかな感じ・・
おおらかな感じ・・
より植生的に・・
より植生的に・・

 

パラレルとは、お花を並行に挿す技法です。

ここでは、すべてのお花を並行にしてはいないので、パラレル風としました。

 

おおらかな感じの方は、お花も葉っぱも程よい空間をあけて伸びやかに挿してます。

植生的な方は、花や葉っぱを程よくグルーピング(集めて)挿すことで地面から生えているように挿しています。

 

植生とは、植物が地面から生えているように挿す技法です。

 

どちらも、あまり難しく考えず、上記のポイントをふまえたうえで『こども』のように挿すと楽しくなります。

 


 

上記と同じ花材で仏様にそなえるお花にアレンジしました。

 

 

上記Dパーツの器をかえて・・
上記Dパーツの器をかえて・・

 

器をかえて、仏様に供えるお花になりました。

仏様に供えるお花
仏様に供えるお花


 

いかかでしたか?

 

こんなふうに1本のお花で10個のアレンジを楽しむことができました。

 

 

1本のマムから2作品!!できました
1本のマムから2作品!!できました

 

 

金色の器のアレンジは、玄関に飾ってあります。

 

今回は、すべて花どめ(吸水性スポンジや剣山やワイヤー)を使用せず、そのまま器にさしていますので、とてもお手軽にお花を楽しむことができます。

 

こんなふうに、それぞれの感性でそれこそいくとおりものアレンジ作品を楽しむことができると思います。

 

どうぞ、休日などこころにゆとりをもてるひとときにお花を楽しんでみてはいかがでしょうか、きっとこころが豊かになります。

 

それに・・

生花は生気をもらえますので、ご自分だけなくまわりの人たちにも癒しや和みをあたえることができるでしょう🌸