· 

2018年 初夏~猛暑の夏を和ませてくれたお花たち

 

夏場は、生花のもちがよくありませんが、庭のお花や暑さに強いお花をつかって、とってもさりげないアレンジをあれこれ楽しんでみました。

 

あたまをからっぽにしてこどものように、お花をあれこれ楽しむのは、まさに『無の世界』です。

このように『無の世界』にひたることで自然とつながり、『からだ』と『こころ』はバランスはをとりもどします。

 


 

というわけで、我が家のミニバラを色んな器に挿し、バラあしらいを楽しみました💛。

 

ガラス瓶・湯のみやコーヒーカップ・小さな花器に挿してみます
ガラス瓶・湯のみやコーヒーカップ・小さな花器に挿してみます

 

 

ミニバラなので、小さな器で十分なのです。(2018/6/26)

 

小さなバラでもよい香りがしています
小さなバラでもよい香りがしています
バラってだけで、フランスが浮かびます
バラってだけで、フランスが浮かびます

 

 

こちらの茶器には、花どめとしてアルミワイヤーをつかっています。

 

アルミワイヤーを適当にグルグルまるめたら、少しだけ器の縁にひっかけます。あとは、器とアルミワイヤーの間に枝を挿しいれるだけです。

 

茶器がレトロなので、少しだけノスタルジー気分になります
茶器がレトロなので、少しだけノスタルジー気分になります
コーヒーカップでは、『お澄ましさん』のバラです
コーヒーカップでは、『お澄ましさん』のバラです

 

 

色がはっきりした器だとバラの表情も違って見えます。

 

花どめせずそのまま挿しいれたことで茎が見えない分、花が際立っています。

 

優しい気持ちになれるバラあしらいです
優しい気持ちになれるバラあしらいです
ハートの器でラブリーに!!
ハートの器でラブリーに!!

 

たった1枝のミニバラでも、香りがいいのでとってもいい気分になれます。

 

こんなしあわせを感じられる庭のお花に感謝です。そして、『今、ここに!!』いられることにも感謝です。

 


 

雪柳とレモンバームのグリーンは、いつでもとっても元気です。

 

ただのグリーンですが、家に飾ると・・
ただのグリーンですが、家に飾ると・・

 

雪柳のしなやかなカールのある動きとレモンバームのすくっと立つ姿は、自然そのものを感じられ・・素朴な器に挿すと癒しをあたえてくれます。

 

これだけでも涼感があります。 (横37㎝×高さ34㎝)
これだけでも涼感があります。 (横37㎝×高さ34㎝)
真上から見ると・・
真上から見ると・・
バックスタイルはこんな感じ!! 
バックスタイルはこんな感じ!! 

 

バックスタイルの1本の枝は折れているのではなく、自然なカールを描いています。こういう自然な感じが癒されます。(2018/6/2)

 

今年の梅雨はあまり雨も降らずあっという間に終わり、一気に暑くなりました。

 

2週間ほど↑このスタイルを楽しんだ後、数本はまだまだ元気にしています。その姿がこちらです↓。我が家のノコンギクもそえて、少しだけラブリーにしてみました。

 

さりげないから、ほっこりする♡ (横19cm×高さ22cm)
さりげないから、ほっこりする♡ (横19cm×高さ22cm)

 

今年の夏のうだるような暑さをサバイバルした生命力のあるレモンバームと雪柳は根が生えています。すご~い!! 

 

こんなふうに力強く生きている植物を目にすると、その健気さに『ガンバロー!!』って思えます。

 

8月11日 我が家の庭
8月11日 我が家の庭

 

ドクダミは水やりしなくても元気でどんどん増えます!!。

 

薬草としても色んな効能があるドクダミ・・是非、有効活用したい!!
薬草としても色んな効能があるドクダミ・・是非、有効活用したい!!

 

 

7月10日~8月21日の今も元気にしています。オリズルランの葉をそえることで流れができて、アクティブな感じになります。さらに、ゴブラン織りの敷物でグッド雰囲気が変わります💛。

 

オリズルランの葉をそえて・・アクティブに!! (横33cm×高さ28cm)
オリズルランの葉をそえて・・アクティブに!! (横33cm×高さ28cm)

 

 

こちらは、たった1本の花あしらいです。

 

小さな器でも、水をはると涼しげに見えます。

 

1週間ほどすると根が生えて、6月26日に気づくと小さな新芽が3本生えていました。弱い新芽は自然淘汰され、1本だけ残りました。今も、この小さな器のなかで元気に成長を続けています。(2018/8/22)

 

小さな器のなかで成長しているドクダミです。(横10.5cm×高さ17cm)
小さな器のなかで成長しているドクダミです。(横10.5cm×高さ17cm)

 

 

小さなボールを添えたり、敷物の上に置くと・・また、違った雰囲気を楽しむことができます。

 

小さな変化ですが、一番下のドクダミは下葉が双葉になっています💛。

 

下葉が双葉になっています💛
下葉が双葉になっています💛

 

暑い季節は店頭に可愛らしいアスターが並びます。

 

スーパーで売られているアスターをつかっていくつかアレンジしてみました。

 一束にアスター2本とミニカーネーションが2本入っていました。

 

あまたであれこれ考えず、この枝のまま花瓶にさしてみました。素朴でナチュラルな感じが、かえって和みます。(2018/7/9)

 

素朴で自然な感じ・・(横31㎝×高さ58cm)
素朴で自然な感じ・・(横31㎝×高さ58cm)

 

 

次に、すべての枝をはらい一枝つづにしてから、アレンジしてみました。ゆる~い感じのトライアンギュラー(三角形スタイル)になりました。

 

最初に主軸となる大きな花を手でささえながら、花どめはつかわずに、次々にお花を加えて挿しいれていきます。

 

挿し方のポイントとしては、できるだけ花の向きにさからわずに挿すことで自然な流れができてきます。また、こうすることで、お花の持ちもよくなります。

 

こんな感じになりました
こんな感じになりました

 

上記のアレンジを一度、ばらして・・。今度は、仏様に供えるお花と玄関に飾るお花にアレンジしなおしてみました。

 

こちらも花の向きを活かして・・
こちらも花の向きを活かして・・
上記、右側のアレンジを上から見ると・・
上記、右側のアレンジを上から見ると・・

 

 

こちらは、お盆のお花の残りを挿してみました。(2018/8/13)

 

紫に黄色の芯が可愛らしいアスターです
紫に黄色の芯が可愛らしいアスターです

 

 

猛暑のせいで、お花の持ちがよくありませんが、元気にしているお花は切り戻して楽しんでます。紫の方は、真ん中が黄色でレトロタッチな感じで素敵です💛。(2018/8/16)

 

暑いけど、なんとか元気なお花たちです。(横13cm×18cm)
暑いけど、なんとか元気なお花たちです。(横13cm×18cm)

 

畑にあったお花は色が濃い!!。

 

あまりに暑かったので、可愛らしいピンクの百日草には氷をいれて涼やかにアレンジしてみました。

 

マリーゴールドは茎が短いので、ワイヤーを花どめにして挿してみました。

 

どちらも、なんともいえない色のグラデーションにうっとり・・ずっとみていても飽きない感じです。(2018/8/2)

 

元気カラーな発色です☆彡
元気カラーな発色です☆彡

 

またまた、畑のお花をいただいてきました。(2018/8/21)

 

いつものように、水揚げ用のペットボトルに無造作に挿しただけですが、いつも『無作為のなす美』に驚かされます!!。

 

これを『美』とみればですが・・・・。

 

水揚げのために無造作に挿しただけですが・・
水揚げのために無造作に挿しただけですが・・

 

ジニアは、コンテナガーデンみたいです。

 

テラコッタの器だったら、きっと地植えされているように見えるかもしれません・・。

 

コンテナみたいです💛
コンテナみたいです💛

 

このジニアから4つの『花あしらい』ができました。

 

 

小さなクラシカルな花器にブリティッシュ・アレンジ風にしてみました。花どめにワイヤーをいれています。

 

横14cm×高さ21㎝
横14cm×高さ21㎝

 

 

こちらは、昭和レトロな感じになりました。内藤ルネの絵のなかにありそうな感じ・・。

 

内藤ルネさんのラブリーな世界は大好きです💛。

 

横16cm×高さ20㎝
横16cm×高さ20㎝

 

 

少し元気がなさそうなお花は、茎を短くして元気にしました。

 

猛暑なので、ダメになってしまうかもしれないと思いながらも『元気になってね!!』と祈りながら挿すと、みるみる元気になってくれました。祈りがつうじました💛。

 

どちらも、横7cm×12cm
どちらも、横7cm×12cm

 

 

オレンジのジニアは、元気をとりもどすのに少し時間がかかり、↓写真に載せていませんが4作品できました。

 

並べてみました
並べてみました

 

地植えのものを水揚げするときは、茎を真っすぐに立てて、土から生えているときの状態をキープすることで、しっかり水があがり日持ちがぐっとよくなります。

 

というわけで、こちらの千日紅も真っすぐ立てて挿しいれただけです。

 

こういう自然な感じが好きです💛。

 

最近のペットボトルは、おしゃれなデザインのものもあるので、適当な花器がない場合は代用してもよさそうな感じです。

 

ペットボトルにただ挿しただけ・・
ペットボトルにただ挿しただけ・・

 

 

↓ペットボトルの千日紅のなかから、長いものを選んで挿しています。

 

中心に大きなものを挿し、あとは茎を真っすぐに立てて花器口の葉っぱも素敵にみええるように挿してみました。

花器の縁の葉っぱが、花どめになっています。

 

横14cm×高さ34cm
横14cm×高さ34cm

 

 

残りの千日紅で、植生感のあるパラレルにしてみました。

 

植生感といっても、自然そのままではなく自然の風景によく見られる植物の配置や花の向きなどを意識してデザインするという感じです。

 

パラレルは、真っすぐに立てて並行に挿すデザインです。こうすることで、千日紅の花持ちもよくなります。

 

横20㎝×高さ24㎝
横20㎝×高さ24㎝
クルクルさせたワイヤーを花どめに・・
クルクルさせたワイヤーを花どめに・・

 

切り花も同じだとは思いすが・・特に地植えのお花は、茎の流れや花の向きを生えていたように挿してあげないと水揚げがうまくいかず、特に暑い夏だとすぐに枯れてしまいます。

 

けれども、お花の姿をよくみて『どのように挿したらいい?』とお花と会話しながら、挿すことで日持ちもよくなり、しばらくの間、目を楽しませ和みと癒しをあたえてくれます💛。

 

なんと・・不思議なことに、少し元気がなくなってきたお花を元気なお花の近くにほどよい空間をあけて挿すと、元気になってきます。

 

元気な人の近くにいると元気をもらえるように、お花も人間と似ているなぁ~と感慨深い思いがします。

 


 

8月21日に上記のように花あしらいしたお花たちは、こんなふうに変化しました。

 

たいへんな猛暑にもかかわらず、パラレルに挿した千日紅の方が花もちがいいようです。ガラスの花瓶に挿した方は、元気なものだけ、スパイスの小瓶とドクダミのほうに挿入れてみました。

 

8月25日 まだまだ元気な千日紅たちです
8月25日 まだまだ元気な千日紅たちです

 

 

パラレルの方は、1枝だけ元気がなくなり抜きましたが、まだまだ元気です。

 

8月21日~9月4日ごろまで元気にしていました。やはり、パラレルは千日紅の植生にあっているということなのかもしれません。

 

陽の向く方に花の向きをかえて、一生懸命、命を輝かせて生きています。
陽の向く方に花の向きをかえて、一生懸命、命を輝かせて生きています。

 

 

ドクダミの花あしらいに千日紅で色を添えてみました。

 

少し色がはいるだけで、華やぎます。
少し色がはいるだけで、華やぎます。

 

 

ミクロはマクロで、命は宇宙だと感じた瞬間です。

 

お花のなかにさらに小さなお花を発見!! さらに、右回りの螺旋を描いている・・まさに、フラクタルな世界!!✨

 

命は宇宙です!!
命は宇宙です!!

 

こちらは、黄色のお花をつけています。日に日に、花数も増え、花も大きくなってきました。

 

毎日、暑くてヒィヒィ言ってましたが、花のたくましい生命力を見ていると元気をもらえます。それと同時に、つくづく人間は軟(やわ)だと感じてしまいます。『神聖なる野生』を『生きる力』にしているものたちを見習いたいとつくづく思います。

 


 

8月25日、ジニアは、このアレンジが一番、元気です。

 

 

オレンジと黄色の元気カラーで気分アップ↑
オレンジと黄色の元気カラーで気分アップ↑

 

 

8月30日、ジニアは3本になったので、スパイスの小瓶に挿しました。

 

スパイスの小瓶だけのシンプルなのも好きですが、ちょっとだけ瓶をリボンでおめかしするとラブリーになります💛。

 

どちらが好きですか?
どちらが好きですか?

 

 

おめかし用のリボンは取り外しができるので、その日の気分で使いわけできます。

 

この3本のジニアは、8月21日~9月1日まで元気にしていました。これほど日持ちするとは思っていませんでした。

 

ワイヤーにビーズをいれてクルクルするだけ・・
ワイヤーにビーズをいれてクルクルするだけ・・

 

 

ジニアのお花のなかにも、小さなお花を発見しました。

 

小さなお花を発見!! しかも、ビロードみたいな質感!!
小さなお花を発見!! しかも、ビロードみたいな質感!!

 

こんなに完璧な美と力強さをもっている花を見ていると、花から学ぶことがいっぱいです。

 自然に身をまかせているだけで、生命を美しく輝かせている姿・・こころから憧れます。

 

そして、わたしは、自然に囲まれた暮らしがしたい・・自然に回帰(かえ)りたい。

 

 


 

9月6日、我が家の庭は、雑草もみんな一緒で自然です。

  

お手入れしてない感じで自然です・・
お手入れしてない感じで自然です・・

 

 

トレニアとノコンギクをちょっとだけお家のなかに・・水揚げのためにカップにいれて、元気にしてから器に挿します。

 

クルクルワイヤーを花どめにしました。
クルクルワイヤーを花どめにしました。

 

 

自然なものは、さりげない感じに・・挿します。でも、器はクラシカルなタイプにしてみました。

 

横23cm×高さ25cm
横23cm×高さ25cm

 

今年の夏は猛暑でした。

 

なので、よけいに健気に部屋を和ませてくれるお花があるだけで、元気をもらえます。